ETCカード 即日発行 無料


即日発行できるETCカード

車を運転するには、必需品にもなっているETCカードですが、まだ、お持ちでない方もいらっしゃいます。利用にはETC車載器が必要です。高速道路を普段利用することがあまりないと、わざわざ作ることもないと思う人もいますが、急に旅行や高速道路での移動があったとき、ETC割引を利用できるとかなりお得です。例えば、レンタカーを借りてお出かけすることになった時など、明日使いたい、週末に使いたいと思っても、ETCカードはクレジットカード会社に連絡をしてから送ってもらう形ですので、間に合わないと思われるかたに、即日発行ができるのです。それはセゾンカードインターナショナルです。年会費無料ですし、クレジットカードとしても、とても重宝します。

もし、お近くにセゾンカウンターがあれば、即日発行が可能です。しかし、申し込み方法には注意が必要です。順番を誤ると、ETCカードの即日発行ができずに、郵送でのお届けになります。申し込み方法は、インターネットから申し込みます。この時はまだETCカードを同時に申し込んではいけません。一緒に申し込んでしまうと、後日郵送になってしまいます。審査通過後、近くのセゾンカウンターでクレジットカードを受け取ります。そして、その場でETCの即日発行を申し込みます。こうすれば、その場で発行してもらうことができます。これで急に高速道路を利用する機会ができた場合でも、すぐに利用することが可能となります。



三井住友VISAカードなら最短3営業日でETCカードが手に入ります!

☆ 18歳~25歳の方におすすめ ☆
ETCカード盗難・紛失保障 & 今なら最大5,000円分プレゼントキャンペーン実施中!
⇒ 三井住友VISAデビュープラスカード

26歳以上の方には三井住友VISAカード。
こちらも最大7,000円分プレゼントキャンペーン中!


三井住友VISAデビュープラスカード


三井住友VISAデビュープラスカード

     最短3営業日発行可能


● ETCカード初年度年会費無料
● 発行手数料無料
● ポイントがお得

◆ 初年度年会費無料 ◆
ETCカードとクレジットカードが初年度年会費無料です。どちらも2年目以降は年会費が発生しますが、ETCカード(年会費:税抜 \500円+税)もクレジットカード(年会費:税抜 \1,250+税)も年に1回のカード利用で年会費が無料になります。
◆ ETCカードの補償 ◆
ETCカードは発行手数料が無料!しかも、会員保証制度があり、盗難や紛失してしまっても補償してくれます。
◆ ポイント:2倍 ◆
ETCマイレージサービス登録でETCカード支払額でポイントが貯まり、無料通行分にポイントを交換できます。
三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードの中でもポイントが多く貯まるカードのひとつ。入会後3か月間はポイント:5倍!通常時でも2倍のポイントが付きます。ただ、18才~25才までの方限定のカードなので、それ以上の年齢の方は三井住友VISAカードがオススメです。


三井住友VISAデビュープラスカード



VIASOカード


VIASOカード

     最短3営業日発行可能


 ● ETCカード年会費無料
 ● ポイントが2倍
 ● オートキャッシュバック

◆ 永年年会費無料 ◆
クレジットカード・ETCカードが永年年会費無料のカード。ETCカードに限っては新規発行手数料:1,000円(税別)かかりますが、それ以外はコストが全くかかることはありません。
◆ ポイント:2倍 ◆
ETCカードを利用するとポイント2倍!になります。これは携帯電話やインターネットプロバイダ料金をVIASOOカードで支払った場合もポイント2倍です。
“VIASO eショップ”を経由してVIASOカード利用でネットショッピングをすると、ポイントが最大20倍! Yahoo!ショッピング / Amazon.co.jp / 楽天市場 / ジャパネットたかた / じゃらんnet・・・など。
◆ 海外旅行傷害保険が付帯 ◆
VIASOポイント カード利用額:1,000円=5ポイント。貯まったポイントは1ポイント=1円として(累計:1,000ポイント以上の場合)オートキャッシュバックシステム。1年間のポイント蓄積後、ポイント還元対象月に自動的にキャッシュバックされます。付帯保険として、海外旅行傷害保険が最高2,000万円。ショッピング保険とネットセーフティサービスも付いているので安心です。


VIASOカード



DCカード Jizile(ジザイル)


DCカード Jizile(ジザイル)

     最短1週間発行可能


 ● リボ払い専用のお得
 ● いつでもポイントが3倍
 ● 負担ゼロで安心補償

◆ リボ払いの手数料 ◆
年会費無料:ETCカード / クレジットカード。ETCカードのみ新規発行手数料:1,000円(税別)あり。ジザイルカードはリボ払い専用なのでリボ払い手数料が発生しますが、それを抑える方法があります。支払コースを高めに設定しその金額よりも低い利用金額なら、1回で支払いが完了するため手数料は発生しません。また、コンビニなどのATMで追加返済も自由です。
◆ ポイント:3倍 ◆
DCハッピープレゼントが通常ポイントの3倍獲得できます。ポイント還元率が高いので、毎月の携帯電話や電気、ガス、水道、国民年金保険料などをジザイルカードでの支払へ切り換えると効率よくポイントが貯められます。
◆ 海外旅行傷害保険が付帯 ◆
クレジットカード付帯の旅行傷害保険には“利用付帯”と“自動付帯”があります。利用付帯は、カード払いでの旅行時のみですが、自動付帯ならカードを持っているだけで補償が受けられます。ジザイルの場合は、海外旅行傷害保険が自動付帯で最高1,000万円補償です。年会費無料&保険料無料なので非常にお得です!


DCカード Jizile(ジザイル)



MUFGカード ゴールド


MUFGカード ゴールド

     最短翌営業日発行可能


 ● ETCカード年会費無料
 ● ポイントUPシステム充実
 ● ゴールドカードのステータス

◆ 永年年会費無料 ◆
ETCカードは年会費無料です。クレジットカードは初回年会費無料!2年目からは1,905円(税別)。ゴールドカードなのに破格の年会費なので大変お得です。
◆ 最大50%UPのポイントプログラム ◆
グローバルPLUSは、年間ショッピング額により20%~50%も翌年の基本ポイントがUPします。アニバーサリーポイントはポイント1.5倍。MUFGカードには特別なポイントプログラム:プレミアムスタープログラムがあり、年間50万円以上のショッピング利用で“★が1つ”、年会費支払いで“★が1つ”がもらえ、合計“★が5つ”になると“ファイブスターメンバー”となり、ボーナスポイントがもらえます。
◆ 最高2,000万円の自動付帯保険 ◆
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険がそれぞれ最高2,000万円付いています。国内渡航便遅延保険が最高2万円。これは、旅行中の航空便や預けた手荷物の遅延などでやむなく負担することになったホテル代や衣料品などを補償してくれます。その他、ショッピング保険:年間限度額100万円。不正利用の補償も付いているので安心です。


MUFGカード ゴールド










いまどきのETCカードは即日発行がウリ
以前は利用することで半額の割引のあったETCですが、小銭を用意する手間や会計する時間を短縮することができるということもあり、割引額が減少した現在でも愛用する人は増えています。また、ETC機器自体も安価で設置できることもあり、あまり高速道路を利用する予定はなくてもとりあえず付ける人も少なくありません。利用するにはETCカードが必要なのですが、もともと利用していなかった人が利用する場合、発行手続きが必要となります。おそらく多くの人は発行に時間がかかり、急用で高速道路を利用する際にETCが使えないのではないだろうかと懸念している人もいることでしょう。ですがそれは間違いです。今やETCカードは即日発行が基本となっています。決済するクレジットカードにもよりますが、多くの場合、ETCカード即日発行を取り扱っている窓口に行けばその場で発行してもらうことが可能です。また近くにない場合はインターネットで手続きを行うことで、最短で2日ほどで手元に届くことも可能です。そのため急な出張や実家へ戻るときなどであっても、ETCを利用することが可能となっています。渋滞や高速道路利用清算を避けるためにも、ETCを利用することをお勧めします。

簡単にできるETCカードの申し込み
ETCシステムはETCカードを車載器に挿入するだけで高速道路の出入り口をスムーズに走行する事ができるシステムです。またスムーズに走行できるだけでなく高速料金の割引が適応されたりとても便利で車に乗られる方でしたら是非とも持っておきたいカードです。このカードはクレジットカードの一種で通行料金が後日引き落とされるようになっています。また、よく間違われるのですがETCカードだけを作るという事はできず現在持っているクレジットカードがあればクレジット会社に電話し作りたい旨を言うかクレジット会社によってはネットで即時に申し込みできるので今のクレジットにプラスαしてETCカードを申し込みする形になります。新たに作られる方は自分のライフスタイルに合わせたサービスやメリットを考慮に入れてクレジットカードの作成を行った上でETCカードを申し込んでください。また、ETCを利用したいけどクレジットが作れないという方には「ETCパーソナルカード」があります。このカードを発行するにはゆうちょ銀行の口座に保証金を預託しなければならず毎月の利用額とは別に支払わなければなりません。また年会費は年間1200円です。サービスエリアなどに申し込み用紙があるので必要事項を記入し登録係に郵送すると後日保証金の振り込み用紙が届くのでゆうちょ銀行で手続きをしてください。

ETCカードの申し込みで注意すること
ETCカードの申し込みをした大学生のものです。学生ということもあり、私は学生専用のものを申し込みました。ETCカードとひとくくりに言ってもその内実は様々で、クレジット機能が一緒になっているものやETC機能のみのものなどがあり、審査基準やその他の特典もカード会社によって異なります。学生の場合は、ほとんどの場合所得がバイト代のみとなり、審査基準を満たさない場合も少なくありません。そこで今回は学生専用のETCカードの紹介をしたいと思います。私は学生専用のものがあるということをインターネットを利用してしりました。近年ではインターネットの普及により、どのようなカードがあり、自分の目的に合わせて最適なカードがどのようなものなのかを知ることができます。多くの場合ETC機能だけでなくクレジット機能も併せ持ったカードがほとんどなのであり、私の場合はクレジットカードを持っていなかったので両方の機能を持ったものを選びました。学生専用カードでは年会費の免除や金利優遇などの優待措置がついていることがあり、カード会社によっては大学別に特典を分けているところもあります。また審査においても一般のカードに比べて審査基準が緩くなっているということもあり、学生にとってはメリットしかありません。ETCカードの申し込みを検討している学生の方は、インターネットなどで十分に情報を集めたうえで、自分にとって一番合った学生専用カードを選ぶことをおすすめします。


   更新日:2017/07/21